2022年02月28日(月) 第6回HIT研究会開催終了のお知らせ
第6回HIT研究会は、webも含む多くの参加者をお迎えし盛会のうちに無事終了いたしました。
参加者の皆様、ご協力いただきました関係者の皆様に心より感謝申し上げます。
 2022年02月25日(金)   ★★★これから一般参加を申し込まれる方へ★★★
2/25(金)以降の第6回HIT研究会へのお申込みにつきましてはHP下部のお問合せフォームよりご連絡ください。右の受付登録はシステムの都合上閉鎖されております。
 2022年02月10日(木) 第6回HIT研究会の開催形式(ハイブリッド)のお知らせ

第6回HIT研究会:2022年2月26日(土)18:00~20:30
開催形式:現地(国立京都国際会館)開催とウェビナー(Live配信)併用のハイブリッド形式
発表・講演者:現地発表またはリモート(ウェビナー)発表
参加者(医師/研究者/企業社員):現地参加またはウェビナー参加

現地会場:国立京都国際会館 Annex Hall 2(学術集会第4会場)
現地発表者/現地参加者:当日17:00より参加受付を行いますので会場にお越し下さい
リモート(ウェビナー)発表者:研究会の数日前に「パネリスト用ウェビナーURL」をお送りします
ウェビナーでの参加者:事前参加申込をいただいた方全員に、研究会の数日前に「参加者用ZoomウェビナーURL」をメールでお送りします(直前の申込には対応しきれない場合がありますので早めの申込をお願いいたします)

*現地、ウェビナーいずれの形式の参加者についても、まずはこのHIT研究会ホームページから、「第6回HIT研究会参加登録」をお願いいたします
研究会参加費:1000円(事前振込のご連絡をいたします)
*2月26日、現地での当日申込は可能です
*予定しておりました懇親会はコロナ禍の状況から中止とさせていただきます
*会場での企業展示は開催予定です

ウェビナー参加が可能となりましたので、医局、職場のお仲間などに広くご周知いただき、多数ご参加をいただきますようご案内申し上げます。
 2022年02月05日(土) 懇親会中止のお知らせ

現在の新型コロナ感染拡大を鑑み、大変残念ではございますが、HIT研究会における懇親会は中止とさせていただきます。
既にお申込み頂きました皆様へは後日改めてご案内をさせて頂きます。
 2021年11月30日(火) 第6回HIT研究会開催のお知らせ

会期: 2022年2月26日(土)
会場: 国立京都国際会館
担当世話人: 神野哲也 先生
メインテーマ: フルHAステム
イントロダクション:フルHAステム総論
特別講演:フルHAステムCORAILの開発経緯とコンセプト(仮題)
(日産厚生会玉川病院 松原正明 先生)
パネルディスカッション:
「各社CORAIL型ステム:どこが違って、何がよいのか? 」
 2021年01月20日(水) 第6回HIT研究会の開催について

厳しいコロナ禍の中、困難な日々をお過ごしのことと拝察申し上げます。
2021年1月時点における社会の状況を鑑み、大変残念ではございますが、2021年3月の第51回日本人工関節学会時におけるHIT研究会の開催を見送ることとさせていただきました。2022年2月の第52回学会時に第6回HITを開催する予定ですので、何卒よろしくご参加、ご協力をいただきますようお願い申し上げます。
コロナ禍の早期収束を願うとともに、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

2021年1月 HIT研究会 世話人一同
 2020年02月24日(月) 第5回HIT研究会開催終了のお知らせ
第5回HIT研究会は、多くの参加者をお迎えし盛会のうちに無事終了いたしました。
参加者の皆様、ご協力いただきました関係者の皆様に心より感謝申し上げます。
 2020年02月12日(水) 第5回プログラムのお知らせ

開会の辞(18:00-18:05)
 大谷卓也(HIT研究会代表世話人、東京慈恵会医科大学 第三病院)
 稲葉 裕(第5回担当世話人、横浜市立大学 整形外科)

イントロダクション(18:05-18:10)

“カーブドショートステムの変遷と分類”

横浜市立大学 整形外科 教授
稲葉 裕 先生

特別講演1基礎(18:10-18:40)
座長:稲葉 裕

“工学的アプローチによるステムのショート化が及ぼす初期固定性の検討”

新潟大学工学部 教授
尾田 雅文 先生
特別講演2臨床(18:40-19:10)
“今なぜショートステムか? -各種ステムに対する私のstrategic choice- ”

北水会記念病院 院長
平澤 直之 先生

パネルディスカッション(19:10-20:30)
座長:坂井孝司、山崎琢磨

“カーブドショートステム”
〜何を求めてどんな症例に使うのか? その適応と限界を明らかにする〜

パネル企業によるステム紹介及び推薦ドクター プレゼンテーション
(各社プレゼンテーション 計10分)

 B.BRAUN AESCULAP
“Metha”
企業 相馬 祥胤 様
推薦ドクター 木村 晶理 先生(日産厚生会 玉川病院 整形外科)

 CORIN
“MiniHip”
企業 牧野 亮 様
推薦ドクター 中田 活也 先生(JCHO 大阪病院 人工関節センター)

 MATHYS
“Optimys”
企業 櫻井 正太郎 様
推薦ドクター 宮坂 健 先生(千葉県済生会習志野病院 整形外科)

 LIMA
“Minima”
企業 加藤 裕之 様
推薦ドクター 宗像 裕太郎 先生(東京女子医科大学 整形外科)

 ZIMMER BIOMET
“Fitmore”
企業 佐藤 勇太 様
推薦ドクター 名越 智 先生(札幌医科大学 生体工学・運動器治療開発講座)



閉会の辞(20:30)
中田活也(JCHO大阪病院 人工関節センター)
 2019年11月28日(木) 第5回Hip Implant Technology (HIT) 研究会開催のお知らせ
会期:2020年2月22日(土)18:00 ~ 20:30
会場:福岡国際会議場(第50回日本人工関節学会会場内;詳細未定) 
担当世話人:稲葉裕
メインテーマ:カーブドショートステム
イントロダクション:カーブドショートステムの変遷と分類 
(演者:稲葉裕)
特別講演1基礎:「工学的アプローチによるステムのショート化が及ぼす初期固定性の検討」
(演者:尾田雅文/新潟大学)
特別講演2臨床:「今なぜショートステムか?-各種ステムに対する私のstrategic choice-」                     (演者:平澤直之/北水会記念病院)
パネルディスカッション:「カーブドショートステム~何を求めてどんな症例に使うのか? その適応と限界を明らかにする~」
(座長:坂井孝司、山崎琢磨)
 2019年11月08日(金) 第5回HIT研究会申し込み受付開始についてのお知らせ
2020年2月22日(土)に開催する第5回HIT研究会の申し込み受付については近日中に開始する予定です。